乱視でもカラコンは使える??

乱視用カラコンを安全に使うコツ


乱視用も含めて、カラコンには安全に使用するコツがあります。
まずカラコンの装着時間ですが、度入り、なしに関わらず1日8時間までというルールがあります。

 

始めから1日8時間と言うのではなく、始めは1日4時間程度から
毎日1時間程度時間を増やしていき5日目で8時間使用可能まで慣らしていくのがメーカーや眼科医からのお勧めです。
カラコンに対応できる時間には個人差があり、目の様子を見ながら少しづつ時間を増やしていく事がポイントです。
なるべく目に負担をかけないように慣ラしていく事が大事です。

 

メーカーや眼科医からの決まりとしては、週末だけや時々カラコンを使いたい、という人もメーカーや眼科医からの指導では、
カラコンを使用しなかった日が1日空けば2時間の装着時間を減らす、2日なら4時間減らす。
3日以上の使用間隔が空けば、最初の装着時間の4時間に戻して、まただんだんと慣らしていく。
週2回使用なら4時間、装着時間を減らしていくという計算になります。

 

通常のコンタクトの装着時間は14時間から16時間なので、カラコンの目にかかる負担は相当ヘビーだと言えますね。
装着時間が長くなればなるほど目が酸素不足になります。
目が酸素不足になると、角膜の働きが衰えて眼病を発症しやすくなります。
カラコンをつけたままで寝てしまうなど、不注意によって目に過度の負担を与えることになりますので十分注意しましょう。

 

乱視用カラコンを含めたカラコンのお手入れは十分に行いましょう。
ワンディ以外の男でも付けれるカラコン全てに共通ですが、カラコンに付いた汚れをしっかり落としてレンズの劣化を遅らせ、レンズの装着感を快適にすることが出来ます。
洗浄液は、1アイテムで洗浄、すすぎ、消毒、保存までできるものが主流です。
ここで大事なのは、タンパク質除去効果のある洗浄液を購入することです。
内容の明確な質の良い洗浄液でレンズを清潔に保ちたいものですね。

 

洗浄液で人気の高い商品は、ボシュロムから発売されている「レニュー・マルチプラス」です。
この商品は、潤い効果もあり、1本でタンパク質の除去までできる便利なアイテムです。
もし、迷った時には参考にして下さいね。
ドラックストアなどでケア用品を選ぶことが多いと思いますが、パッケージをよく確認するかわからない時は店員さんに尋ねてみましょう。

 

出来るだけ品質の高い商品を使用して、毎日のケアを簡単、安心にしたいものですね。
洗浄も丁寧に行い、快適にカラコンを使いたいですね。